• HOME
  • コラム
  • 美容・メイク
  • 【徹底解説】コンシーラーを使うタイミングはファンデーションによって違う!?コンシーラーの正しい使い方

【徹底解説】コンシーラーを使うタイミングはファンデーションによって違う!?コンシーラーの正しい使い方

美容・メイク

ベースメイクの基本ともいえるコンシーラー。シミやクマ、ニキビ跡など気になる肌トラブルを消すための必須アイテムです。ところで、コンシーラーって、メイク中のどのタイミングで使用していますか?コンシーラーの使うタイミングを間違えてしまうと、メイク仕上がりがきれいになりません。それに、シミやクマなどもしっかり隠しきれないことも・・・。そこで今回は、コンシーラーの使い方について徹底解説していきたいと思います。

コンシーラーには種類があって、特徴もそれぞれ違う

コンシーラーを使うタイミングの紹介をする前に、まずはコンシーラーの種類を知っておいた方がいいでしょう。
一言にコンシーラーといっても大きく4つの種類に分けられます。
・「クリームタイプ」
・「スティックタイプ」
・「リキッドタイプ」
・「ペンシルタイプ」
です。
タイプによって質感やカバー力が違いますので、使用する目的(お肌の悩み)によって使い分けましょう。

コンシーラーの4つの種類と使い方

<クリームタイプ>
コンシーラーの定番といえばクリームタイプ。肌への伸びもいいですし、カバー力もそれなりにあるため、目の下のクマなどを消すのにおすすめです。色のバリエーションが豊富にそろっているため、クマの種類によって色を選ぶことも可能です。

<スティックタイプ>
練上のコンシーラーを繰り出すスティックタイプ。肌にしっかりと密着し、カバー力に優れています。マットな仕上がりで、濃いシミ、ニキビ、目の下のクマなどを消すのに最適です。ファンデーションより少しだけ暗めの色をチョイスすると肌浮きしないのでおすすめです。

<リキッドタイプ>
やわらかいテクスチャーのリキッドタイプは、肌へのなじみがよく、伸びもいいです。目元のくすみや目尻のシワをカバーするのに向いています。乾燥しにくい保湿成分入りのものやパール入りでハイライト効果があるものを選ぶときれいに仕上がります。シワができて陰になってしまうところには、明るめの色をチョイスするといいでしょう。

<ペンシルタイプ>
鉛筆のように先端が細いのがペンシルタイプ。小さいシミ、ニキビ跡をピンポイントで消すのに便利です。唇の輪郭を整えるのにも先端が細いペンシルタイプがおすすめです。芯が硬いものもあるので肌に負担がかからないように優しくのせましょう。
コンシーラーの種類とそれぞれの特徴の紹介は以上です。

このように肌の悩み別にテクスチャーを使い分けるのがきれいな肌に仕上がるポイントです。
テクスチャーと同時にコンシーラーの色(カラー)にも意識しながら使ってみてください。

コンシーラーはファンデーションの種類によって使うタイミングが違う

コンシーラーの種類と使い方が分かったところで、いよいよコンシーラーを使うタイミングについてご紹介いたします。
結論からいうと、ファンデーションの種類によって、コンシーラーを付ける順番が違います。
ここで間違った順番でつけてしまうと、ファンデーションがよれたり、カバー力が低下したり、肌浮きしてしまったり、きれいなメイクが仕上がりません。コンシーラーを使うタイミングをしっかりと理解して、きれいなメイク仕上がりを目指しましょう!

【ファンデ別】コンシーラーを使うタイミング

<リキッドファンデーションの場合>
コンシーラーを使うタイミングは以下の順番です。
1.下地
2.リキッドファンデーション
3.コンシーラー
4.フェイスパウダー

リキッドファンデーションの場合、コンシーラーはファンデーションの後です。ファンデの前にカバーしようとすると厚塗り感がでたり、化粧崩れしやすいのでおすすめできません。ファンデーションの後の方が、肌になじみやすいので、きれいでナチュラルなメイクに仕上げることが可能です。最後にフェイスパウダーも重ねるのをお忘れなく!パウダーの粒子によって、コンシーラーを使った部分がぼかされて、肌がきれいに見えるでしょう。

<パウダーファンデーションの場合>
コンシーラーを使うタイミングは以下の順番です。
1.下地
2.コンシーラー
3.パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションの前にコンシーラーをのせます。パウダーファンデーションの後にコンシーラーをのせると、肌にうまくなじむことができず、メイクの仕上がりが汚くなってしまいます。コンシーラーの後にパウダーファンデーションを使うことで、コンシーラーの水分をパウダーが吸収してくれるため、自然な仕上がりとなるでしょう。

<BBファンデーション(オールインワン)の場合>
コンシーラーを使うタイミングは以下の順番です。
1.BBファンデーション
2.コンシーラー

下地やコンシーラー、ファンデーション機能が一つになったBBクリームなどのオールインワンタイプのファンデーションの場合は、ファンデーションを先に塗ってから、気になる部位のみカバーする感じです。BBファンデーションはコンシーラー機能も入っているため、コンシーラーを使わずとも重ね塗りするだけでもシミやクマなど気になるお悩みを解決できますよ!
もし、コンシーラーを使う場合は、BBファンデと同じ色を使うとナチュラルな感じに仕上がります。

まとめ

ファンデーションの種類によって、コンシーラーの使うタイミングが変わってきます。
・リキッドファンデーション ⇒ コンシーラーはファンデーションの後
・パウダーファンデーション ⇒ コンシーラーはファンデーションの前
・BBクリーム ⇒ コンシーラー機能を兼ね揃えているので重ね塗りでOK

使うタイミングが分かれば、シミやクマ、ニキビ跡など、気になる肌トラブルをしっかり隠せます!
ベースメイクの基本ともいえるコンシーラーを使いこなして、きれいなお肌に仕上げてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧