朝は“ぬるま湯”だけでも良い?正しい「洗顔」の回数と洗い方3つのポイント

スキンケア

きれいな肌を保つには洗顔は欠かせない習慣です。ところで、あなたは1日何回の洗顔を行っていますか?「朝はぬるま湯だけ」とか、「洗顔は夜しかしない」など、人によってさまざまかと思いますが、本当のところ1日に何回の洗顔がベストなのでしょうか。ここでは、1日の洗顔回数と正しい洗顔の洗い方についてポイントを押さえてご紹介したいと思います。

理想的な洗顔回数は、1日2回が基本

理想的な洗顔回数は、基本的に「朝と夜の1日2回」が好ましいです。

朝洗顔をする目的

朝に洗顔をする目的は、寝ている間に分泌された皮脂や汗の汚れを落とすためです。寝ている間に顔には汗やダニ、皮脂など、さまざまなものが付着しますので、しっかりと泡立てた洗顔料で洗い流すことで、清潔な肌でスタートすることができます。また、洗顔後の化粧水の入りや化粧ノリが良くなるなど、スキンケア効果を実感しやすいでしょう。

夜洗顔をする目的

夜の洗顔は、日中にかいた汗や皮脂、メイクをしっかりと落としきるという目的があります。日中に分泌された皮脂や汗、ほこりはもちろん、メイクなどもしっかりと洗い流し、健やかな肌に戻します。

ファンデーションをはじめとした化粧品には油分が含まれていますので、洗顔料だけでは落ちませんので、クレンジングを使ってから、洗顔料で洗い上げるダブル洗顔が必要となります。

<1日2回以上の洗顔はしてもいい?>
お肌の健康のためにも1日2回以上の洗顔はしない方がいいです。汗をかいたから、小鼻周りがテカテカになっているから、という理由で気になったときに洗顔をしてしまうのはお肌のためによくありません。

たしかに肌の汚れなど不要なものを洗い流せますが、過度な洗い過ぎは、細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)といった肌のうるおい成分や必要な皮脂まで奪われてしまうことに。結果的に肌のバリア機能が弱まり、肌が乾燥し、肌トラブルを起こしやすくなりますので、1日2回以上の洗顔は控えるようにしましょう。

<朝は“ぬるま湯”だけでの洗顔でもいいの?>
ちまたでは、「肌が乾燥するから、朝はぬるま湯だけがいい」といった情報をよく耳にします。これらの情報の理論としては、日中は汗やほこりなどの汚れがつきやすいけど、夜は寝ているだけだから、ぬるま湯だけでもよいという考えからくるようですが、本当のところはどうなのでしょうか。「寝ている間だから肌は汚れない」と思われがちですが、そうではありません。寝ている間でも皮脂分泌は行われますし、汗もかきます。ほこりやダニも肌に付着します。

皮脂=油分でありますから、ぬるま湯だけで落としづらいですし、落としきれなかった皮脂をそのまま放っておくと、日中の紫外線によって酸化してしまい、毛穴の黒ずみをつくる原因となってしまいます。夜寝る前に行った乳液やクリームも肌には残っていますので、朝洗顔で一度リセットしてからの方が、朝のスキンケアが浸透しやすくなります。ということで、朝と夜の1日2回ともに洗顔料をつかってしっかりと汚れを落とすことが基本です。

乾燥肌や敏感肌の人は、朝はぬるま湯洗顔で◎
朝と夜、1日2回、洗顔料をつかった洗顔方法が基本ですが、例外もあります。たとえば、肌がひどく乾燥しやすい人、敏感肌やアトピーなど肌がデリケートな人たちです。これらの肌質の人たちは、もともと皮脂分泌が少ないですし、バリア機能が低下している状態ですので、朝と夜ともに洗顔料を使うのは、肌にとって刺激が強すぎます。肌の状態が悪化してしまう可能性大です。

乾燥肌がひどい人や敏感肌、アトピーの人は、肌のうるおいを保つためにも、朝はぬるま湯で、夜のみ洗顔料をつかうといった洗顔方法がよいかと思います。

正しい「洗顔」を行う3つのポイント

  1. 泡洗顔がコツ!泡立てネットでたくさんの泡をつくる

洗顔の基本は、十分に泡立てた泡をつかうことです。洗顔料を手に適量取ったら、泡立てネットをつかって手のひらの上で角が立つくらいキメの細やかな泡をつくっていきます。

泡立てネットで十分に角がたつまで泡立ててから、手のひらを顔の皮膚から少し浮かせるように、円を描くようにマッサージします。泡が皮膚との摩擦を抑えて、やさしく浮かしながら汚れだけを落とすことができます。

泡洗顔の魅力は、泡がお肌とのクッション的な役割となるため、肌への摩擦が少なくてすみます。その泡は、毛穴の奥まで届いて溜まった汚れをかき出してくれる役割があります。

  1. 泡をつかって小さな円を描くように洗う

まずは、皮脂分泌が多い、おでこや鼻の周りといったTゾーンを中心に念入りに洗います。おでこを洗うときは、たっぷりに泡立てた洗顔料で円を描くようにマッサージ。力を込めてゴシゴシするのではなく、優しく円を描くようにクルクルと洗い上げましょう。

鼻は、顔の中でもっとも皮脂分泌が盛んで、ニキビや毛穴の詰まりが起こりやすい部位なので、丁寧に洗うことがポイントです。小鼻周りは、中指をつかって小さな円を描くようにマッサージしながら洗っていきます。

おでこと鼻周りのTゾーンを念入りに洗ったら、つぎは、頬やあご、こめかみなどを大きく外側に向かってすべらせるように洗えばオッケーです。顔全体を洗い上げる所要時間は、だいたい3分間くらいを目安にしましょう

3.すすぎは温度に気をつけながらスピーディーに
最後は、すすぎです。すすぎは温度に気を付けながらスピーディーにこなすのがポイントです。皮脂やメイクなどの油性の汚れは、冷たい水だと落ちません。逆に温度が高すぎると、肌の保湿成分であるセラミドや天然保湿因子(NMF)まで流出させてしまうので、お肌には良くないです。洗顔のすすぎの温度ですが、32~36度くらいのぬるま湯がよいでしょう。すすぎの回数は15~20回くらいで、だいたい2分間以内で洗い流すようにしましょう。

まとめ

洗顔は、基本的に朝と夜の1日2回行うのがベターです。健康的な肌の人は、朝でも洗顔料を使った方がきれいな肌で一日をスタートさせることができます。ただし、ひどい乾燥肌やデリケートは肌の人は、朝はぬるま湯だけでもオッケーです。自分の肌の状態に合わせて、洗顔することを心かけましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧