運動で肌荒れを予防しよう!美肌効果とおすすめの運動法

お悩み・症状

運動といえばダイエット効果を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は運動には肌荒れ予防する効果もあります。運動は肌や体の代謝を整え、健やかな肌を作ります。

今回は、運動がもたらす美肌効果と、おすすめの運動法を紹介します。

運動がもたらす美肌効果

運動には、健康やダイエット面だけではなく、美肌作りにもうれしい効果がたくさんあります。

新陳代謝の促進

運動は血行をよくするため、細胞に必要な酸素や栄養素が全身に行き渡り、新陳代謝を促進させます。肌の一番表面にある角質層にある角質細胞は、一定周期で古い角質とともに剥がれ落ちて生まれ変わりを続けており、これを肌のターンオーバーと呼びます。

運動により新陳代謝が促進すると、肌のターンオーバーも活発になり、肌荒れの予防につながるのです。

発汗

運動によって汗をかくと、肌の水分量が多くなるため、角質が柔らかくハリのある肌になります。また、毛穴に詰まっている汚れや余分な皮脂を排出したり、皮脂が酸化して黒ずみになるのを予防したりする効果があります。

ストレス解消

体を動かしていると、心がスッキリしてストレス解消になるという方もいるでしょう。ストレスは肌にとっても大敵で、過度なストレスがかかると血管が収縮したり活性酸素が増えたりして、肌荒れにつながります。運動によるストレス解消効果は、健やかな心を保ち美肌を維持することにつながります。

有酸素運動と無酸素運動

運動には、エネルギーの使い方によって「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。

有酸素運動は、筋肉を動かすときに酸素を使い、脂肪を消費させるものです。時間をかけて持続的に行う運動で、例としてはウォーキング、ジョギング、サイクリングなどが挙げられます。

一方、無酸素運動は筋肉を動かすときのエネルギーを酸素ではなく糖から得て行うものです。短時間で強度を高くして行うのが特徴で、短距離走や筋トレなどがあります。

有酸素運動と無酸素運動はそれぞれ効果が異なりますが、肌荒れ予防のためには有酸素運動がおすすめです。酸素を使う有酸素運動は心肺機能を高め、全身の血行がよくなるため新陳代謝が活発になります。無酸素運動は、筋力アップや基礎代謝向上に効果があります。

肌荒れ予防に効くおすすめの運動法

肌荒れ予防に効果がある、おすすめの運動法を紹介します。自分に合った運動を実践してみましょう。

ウォーキング

誰でも手軽に始めやすいのが、ウォーキングです。効果を高めるためには、背筋を伸ばして少し早歩きを意識するのがポイントです。少なくとも30分は続けるのがおすすめですが、時間が取れない場合には、1駅手前で降りて歩く、エスカレーターより階段を使うなど、日常生活のなかで取り入れられるものを実践するのもよいでしょう。

ジョギング

ウォーキングではもの足りない、もっと汗をかく運動がしたいという方は、ジョギングがおすすめです。最初から頑張って長時間走る必要はありません。無理なく走れる範囲から始めて、5分、10分、20分…と時間を延ばしていけるようにするとよいでしょう。

サイクリング

サイクリングは大腿部に適度な負荷がかかるため、ダイエット効果や美肌効果が高い運動法の一つです。ギアを低くして回転数を上げると、さらに運動効果が高くなります。職場が近い人なら、自転車通勤にするのもおすすめです。

水泳

水泳は、クロールや平泳ぎ、水中歩行など人に合わせてさまざまなトレーニング法があるのがメリットです。水圧による血行促進効果があるほか、リフレッシュ効果もあります。泳ぎ疲れたら途中で歩いたり、自分のペースに合わせて無理なく行いましょう。

ヨガ

全身運動であるヨガは、体のこりをほぐして血行をよくする働きがあります。呼吸も意識して行うため集中でき、ストレス発散などの効果もあります。特にねじりのポーズは、腸を刺激して美肌にもつながります。

運動しながら肌荒れ予防をしたいなら…
\おすすめがこちら/

肌荒れを防止しながらメイクできる
MRB薬用美白ファンデーションクリーム30g  医薬部外品 定期購入初回50%OFF 1,540円(税込)

スキンケア発想!シミ予防に特化した多機能薬用美白ファンデーション。日中にメイクすることで、美白有効成分のトラネキサム酸を配合しており、シミをカバーしながら美白する。シミが気にならない、透明感のある透き通る美白肌へ導きます

運動するときの注意点

せっかく肌荒れ予防のために運動しているのに、余計なストレスがかかったり、逆効果になってしまったりするのはもったいないですよね。運動するときの注意点を確認しておきましょう。

運動する時間帯は朝がベスト!

夜は眠りにつく準備をする時間帯です。夜に激しい筋トレなど強度の高い運動をすると、緊張時に働く交感神経が活発になり、睡眠の質が低下してしまいます。夜熟睡している間に、体内では代謝を活性化する成長ホルモンの分泌が盛んになります。

睡眠の質が低下すると、成長ホルモンの分泌量が減少して肌の代謝にも影響を及ぼすため、運動は日中、できれば朝に行うのがよいでしょう。

無理なく継続できるものを選ぼう

運動するなら「ジムを契約しなきゃ」と思われる方もいるかもしれません。もちろんジムでのトレーニングも美肌には有効ですが、運動は継続できるものを選ぶことが大切です。

運動と構えずに、1駅分歩く、自転車通勤にするなど、毎日の生活で無理なく取り入れられるものを選ぶのもおすすめです。

まとめ

運動には、ターンオーバー促進や老廃物の除去など、さまざまな美肌効果があります。毎日の生活に運動を取り入れて、肌荒れを予防しましょう。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧