シミをなくして美白肌へ!美白化粧品の選び方を徹底解説

スキンケア

鏡を見るたびに、できてしまったシミを気にしてため息をついていませんか?シミ予備軍や一度できてしまったシミには、美白ケアが効果的です。しかし一口に美白ケアと言っても、どの美白成分を選べばよいのか、何から取り入れたらよいのかわからないという方もいるでしょう。

今回は、美白成分から化粧品のテクスチャーの違いまで、美白化粧品の選び方を徹底解説します。シミをなくして美白肌を手に入れるために、毎日使うスキンケア商品を見直してみましょう。

シミができるメカニズム

美白成分の特徴を知る前に、シミができるメカニズムについて理解しておきましょう。
紫外線を浴びると、肌の内部に炎症が起こります。その刺激が「プラスミン」という物質を放出し、「メラノサイト」という色素細胞が活性化、メラニンを生成します。
メラニン自体は、肌の内部を紫外線のダメージから守るために作られるものです。肌の奥に蓄積したメラニンは、やがて肌の表面へと移行します。

これは肌のターンオーバー(表皮細胞の生まれ変わり)の作用によるもので、ターンオーバーの周期が正常であれば、メラニンはシミとして残ることなく、角質とともに剥がれ落ちて体外に排出されます。しかし、ターンオーバーの低下や血行不良によりメラニンの排出に問題があると、シミのまま肌に残ってしまいます。

また、紫外線の浴び過ぎで過剰なメラニンが生成されると、ターンオーバーが正常であっても排出が追いつかず、シミになってしまうのです。

シミに効く美白成分

シミに効く美白成分は、作用の違いによっていくつかのタイプに分かれます。

炎症を抑えるもの

シミのもとになるメラニンの生成を促進するのは、紫外線による肌内部の炎症です。抗炎症作用がある美白成分は、メラニンが生成される原因に先回りして、炎症を抑えてシミを防ぐ働きがあります。
炎症を抑えてシミを予防する美白成分には、m-トラネキサム酸、グリチルリチン酸、ヒアルロン酸などがあります。トラネキサム酸は医薬品としても使用されていますが、化粧品に配合できるよう安定化させたものがm-トラネキサム酸です。また、ヒアルロン酸は保湿成分のイメージがあるかと思いますが、抗炎症作用もあるとして近年注目されています。

メラニンを作る酵素を阻害するもの

メラノサイトからの司令で、メラニンを作る「チロシナーゼ」という酵素が活性化されます。このチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を防ぐ美白成分には、アルブチン、コウジ酸などが挙げられます。

メラニンを還元するもの

上記の成分はあくまでシミの予防に働きかけるものですが、できてしまったシミを薄くする作用があるものもあります。ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどがその美白成分で、黒色メラニンを還元して、シミを薄くします。

これらの成分は、メラニン還元作用とともにメラニン生成抑制効果もあるため、その美白効果の高さが注目されています。ただしハイドロキノンは肌へのリスクも懸念されているため、高濃度のクリームは皮膚科で処方されることもあります。

美白化粧品の違いは?

美白化粧品といっても、肌を整えるステップごとに役割が異なります。それぞれの違いについて、見ていきましょう。

洗顔料

シミに効く美白化粧品と聞くと、化粧水や美容液をまず揃えよう!と思う方もいるかもしれませんが、意外と疎かになりがちなのが洗顔です。洗顔はメラニンを含んだ古い角質を落とし、肌のターンオーバーを整えるために重要なステップです。

きめ細かい泡がたつ洗顔料なら、毛穴の奥の細かい汚れまで除去できます。また、黒ずみを吸着して色素沈着を予防するクレイなどの洗浄成分が入っている洗顔料もおすすめです。

化粧水

洗顔後は、化粧水でしっかりと保湿しましょう。肌の表面にある表皮は、肌の内部を紫外線などのダメージから守る役割があります。しかし乾燥していると、このバリア機能が低下してしまいます。バリア機能を維持して健やかな肌を保つためには、保湿のための化粧水が欠かせません。

化粧水は肌の内部まで浸透するため、美白成分が入っている化粧水を選べば、肌の奥にあるメラニンにも作用してシミを防いでくれます。

乳液またはクリーム

乳液やクリームは、表皮から水分が逃げないようにフタをする役割があります。美白成分配合のものを選べば、肌表面近くにあるシミへの作用が期待できます。肌が潤うとターンオーバーも正常化されていくので、化粧水のあとは乳液やクリームによる保湿を忘れずに。

乳液とクリームは水分と油分の比が異なり、水分が多いのが乳液、油分が多いのがクリームです。肌質や季節に合わせて使い分けても良いでしょう。

美容液

美容液はプラスワンのケアとして使います。濃度が高く、シミにピンポイントに使えるのが特徴。ただし「洗顔+化粧水+クリーム」のベースとなるスキンケアがきちんとできていることが前提です。

美白化粧品はどう選ぶ?

美白成分と美白化粧品の違いが分かったところで、美白化粧品の選び方について解説します。

一気にケアしたい人は、同一ブランドのラインナップを揃える

「徹底的に美白してシミをなくしたい!」という人は、同一ブランドのラインナップを揃えてまとめてケアしてしまいましょう。ブランドごとに、ラインで使うと相乗効果を発揮できるように開発されています。同一ブランドで揃えてしまえば、高い美白効果が期待できます。

こだわり派は、化粧品ごとに吟味する

化粧水はこの成分、クリームは保湿もしっかりしているものなど、こだわり派の方は肌に合わせて選ぶのもよいでしょう。また、美白化粧品を一気に揃えるとお金もかかるし、肌に合うかも心配ですよね。経済的に済ませたい人や肌に合ったものをじっくり選びたい人は、化粧水やクリームなど、まずは1点から始めてみるのもおすすめです。忙しいママやスキンケアに時間をかけられない方は、美白成分の入ったオールインワンの化粧品でも手軽に取り入れられます。

まとめ

シミに効く美白化粧品は、美白成分や化粧品の種類ごとに違いがあります。まずは美白化粧品を1点取り入れてみる、トライアルキットを使うなどして、自分に合った美白化粧品を見つけてシミ対策を行いましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧