美白のためにできることとは?顔のお手入れポイントをご紹介!

スキンケア

顔の美白は、美を追求するどの世代の女性にとっても、気になるテーマといえるのではないでしょうか。透明感のある白肌は、若くきれいに魅せてくれますよね。顔は体の他の部位の皮膚と比べて、紫外線にさらされやすい、パーツによっては乾燥しやすいといった特徴があるため、顔の美白をするなら顔の状態に合わせたケアが必要です。

今回は、顔を美白するスキンケア、マッサージの方法について解説します。

美白が遠のく…顔が黒くなる原因は?

美白になるためには、まず顔が日焼けをしたり黒ずんだりしてしまう原因を知りましょう。

日焼けなどによるメラニンの生成

日焼けでシミができるのは、紫外線のダメージにより肌の奥でメラニンが生成されることが原因です。メラニン自体は紫外線から肌を守るために作られる物質で、肌のターンオーバーによって自然に体外に排出されます。

しかし代謝の低下や睡眠不足などの影響により肌のターンオーバーが乱れていると、効率よくメラニンが排出されず、シミとして残ってしまいます。また、メラニンが排出されるスピード以上に紫外線を浴び続ければ、排出されないメラニンがシミとして沈着してしまうのです。

肌の新陳代謝が低下している人や日焼けしやすい人は、肌のターンオーバーを整える洗顔やピーリング、UVケアなどが重要です。また、紫外線は夏だけでなく季節を問わず注意しましょう。

肌のくすみ

肌のくすみは、血行不良により酸素不足になっていることが原因です。酸素を十分に含んだ血液は赤いですが、酸素が不足すると血液が黒っぽくなり、それが皮膚の下から透けて見えるのです。顔色のトーンを下げてしまうほか、目の下のクマの原因にもなってしまうのです。

顔全体が暗い雰囲気になってしまうので、疲れている、機嫌が悪い、などの印象を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。肌のくすみが原因だと感じている人は、血行を促進させるマッサージやツボ押しが効果的です。

乾燥によるバリア機能の低下

肌の一番表面にある表皮は、紫外線や細菌などの外敵から肌の内部を守るバリア機能の役割があります。このバリア機能を維持するために重要なのが、保湿です。肌が乾燥していると、表皮がひび割れを起こしてシワの原因となるほか、その隙間から外敵が侵入しやすくなります。この状態で紫外線を浴びると、肌の内部はダメージを受けやすく、過剰なメラニンが生成されてしまうのです。

乾燥肌の人や保湿ケアがおろそかになっている人は、美白のために保湿ケアを徹底して行いましょう。

顔の美白におすすめのスキンケア

顔の美白には、スキンケアが重要です。顔の美白に効果的なスキンケア方法を紹介します。

美白には洗顔が大事!

美白へのファーストステップは、正しい洗顔です。きちんと洗顔できていれば、肌のターンオーバーが整い、メラニンの排出が促進されます。また週1~2回、ピーリングで余分な角質をオフするのも効果的です。

洗顔料は、「泡立ちのよさ」と「美白に有効な成分」の2つのポイントから選ぶとよいでしょう。泡立ちのよいものであれば、肌に負担をかけずに優しく洗浄できます。また、洗顔料の成分には「グリチルリチン酸ステアリル」がおすすめです。グリチルリチン酸ステアリルは優れた抗炎症作用と色素沈着抑制作用があり、シミ予防や肌荒れに効果があります。

丁寧に保湿しよう

保湿の基本は、たっぷりの化粧水とクリーム(または乳液)です。化粧水で表皮に潤いを満たし、クリームでしっかりフタをします。乾燥しやすい季節は、シートマスクなども使って保湿するのもよいでしょう。

顔のなかでは、特に目元、口元(唇)、頬が乾燥しやすいパーツです。乾燥しやすいところは念入りに保湿ケアをしてください。

日焼け止めで紫外線によるダメージを予防

過剰なメラニンの生成を防ぐためには、UVケアが欠かせません。シミやシワの原因となる紫外線(特にUVA)は、1年中地表に降り注いでいます。またUVAは波長が長く、窓やカーテンも通過するのが特徴です。「夏以外は日焼け止めを塗らなくていい」「家の中だから大丈夫」と思わずに、UVケアは1年を通して万全にしましょう。SPF50以上の日焼け止めを使うのがおすすめです。

成分を確認しよう

美白に効果的な成分が含まれた化粧水やクリーム、乳液を使うことも方法の一つ。おすすめの成分は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸です。詳しくは、こちらの記事で解説しています。


顔を美白するためのマッサージ

血行を促進して美白になるためには、マッサージがおすすめです。美白に効くリンパマッサージとツボ押しの方法を紹介します。

美白を手に入れるためのリンパマッサージ

全身を流れるリンパ管は、老廃物の通り道です。リンパの巡りがよいと、老廃物が効率よく排出されて肌の代謝もあがります。

スキンケアと合わせて簡単に取り入れられるのが、耳から首筋にかけてのリンパマッサージです。耳の周囲や首周辺には老廃物を処理するリンパ節が集まっているため、ここをポイントにマッサージすると効果的です。

やり方は、耳の付け根を両手の人差し指と中指で挟んで数回プッシングしたあと、首の横から鎖骨まで指を滑らせます。これをセットで3回ほど行います。スキンケアのあとは手指にクリームがついていて滑りがよくなっているので、肌への摩擦も少なくおすすめです。

美白を手に入れるためのツボ押し

東洋医学では、ツボを鍼やお灸で刺激する治療法が古くから実践されてきました。ツボへの刺激は、血行を促進して代謝をあげ、肌のターンオーバーを整えます。指圧でも美白効果が期待できるので、毎日のケアに取り入れてみるとよいでしょう。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

まとめ

透明感のある白い肌は、どの世代でも女性の憧れです。顔の美白のために、洗顔、保湿などの基本のスキンケアを見直しましょう。またマッサージやツボ押しを毎日のケアに取り入れて、美白効果のアップを目指しましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧