シミが気になり始める年齢は?今からできるシミ対策

スキンケア

「お肌の曲がり角」といわれるように、加齢にともなう肌のお悩みとして「シミ」を挙げる方も多いのではないでしょうか。若い頃はなかったのに、気づいたらシミができていた、シミが濃くなったなど、シミと年齢には関係があります。シミが気になり始める年齢と、今からでもできるシミ対策について解説します。

シミと年齢の関係

歳を重ねるにつれて、なぜシミが増えたり濃くなったりするのか、シミと年齢の関係について見ていきましょう。

シミができるメカニズム

シミができるのは、肌に存在する色素細胞・メラノサイトが活性化されることが原因です。紫外線やホルモンバランスの乱れ、活性酸素の増加などの影響でメラノサイトが活性化されると、メラニンが生成されます。メラニン自体は肌をダメージから守るために作られるもので、通常は肌のターンオーバーによって肌の表面へ移行し、古い角質とともに剥がれ落ちます。

しかし、何らかの理由で肌のターンオーバーが乱れていると、蓄積してシミになってしまいます。

若い頃と比べてシミが増えた気がするのはなぜ?

加齢とともに、「シミが増えてきた」「シミが濃くなった気がする」を感じている方もいるのではないでしょうか。繰り返し紫外線に暴露したり、肌の潤いが不足したりしていると、そのダメージが長年にわたって肌に蓄積していきます。

また、理想的な肌のターンオーバーの周期は28日間といわれていますが、加齢により肌のターンオーバーの乱れると、メラニンが排出されにくく肌に残りやすくなります。

このように、年齢を重ねるにつれてシミができやすい環境や条件がそろっていくため、若い頃と比べてシミが増えたと感じるのです。

大人になると、シミの増加スピードが上がるという研究も

ロート製薬株式会社が行った研究によると、年齢を重ねるにつれてシミの増加スピードが上がるという報告もあります。シミは目に見えないところで蓄積しており、35歳以降になると見えるシミが急増し、その増加スピードは35歳以上で2.3倍になる、という結果が示されました。大人になると「シミが増えた」と自覚する方が多いことがわかるでしょう。

参考:ロート製薬株式会社「大人のシミ、急増!シミの増加スピードは、年齢によって種類と速さが違うことを確認」

年齢から判断するシミの種類

シミにはいくつか種類がありますが、シミができる年齢によっても特徴があります。

若い頃からできるものは「そばかす」

鼻や頬を中心に小さな斑点ができる「そばかす」は、幼少期から目立ち始めるのが特徴です。思春期に濃くなり、年を重ねるにつれて薄くなっていくのが一般的です。遺伝的素因が強いと考えられていますが、紫外線でも悪化します。

30~40代で増えるものは「肝斑」の可能性も

左右の頬に対称性に、輪郭がはっきりしないモヤモヤとしたシミができている場合は、「肝斑」の可能性があります。肝斑は、ピルの使用や妊娠、更年期などの影響でホルモンバランスに変化が生じることが原因で、特に30~40代の年齢の女性で目立つようになります。

40~50代で目立つようになるものは「老人性色素斑」

一般的によくいわれる紫外線によるシミは、医学的には「老人性色素斑」と呼ばれます。名前の通り、40~50代の年齢を過ぎて目立つようになりますが、紫外線を浴びる機会が多いと、20~30代でもシミが現れることがあります。若い頃は意識していなくても、長年の蓄積でシミとして目立つようになるため、注意が必要です。

年齢に関係なく現れるシミもある

ニキビややけどなど、肌が炎症を起こしたあとに色素沈着してしまい、シミに移行することもあります。年齢に関係なく、すべての世代でできる可能性があるシミです。炎症後の色素沈着でできたシミは、時間の経過とともに薄くなることが多いです。

シミが気になりだしたら

シミに気づいた時点で正しいケアをすれば、シミを予防したり薄くしたりすることはできます。シミが気になりだしたら、以下のことを心がけましょう。

スキンケアを見直そう

シミにはいくつかの種類がありますが、どのタイプのシミでも、紫外線はシミを悪化させる因子となります。UVケア、美白化粧品を使うなど、スキンケアを見直してみましょう。また、肌が乾燥していると紫外線のダメージを受けやすくなります。保湿ケアも忘れずに行ってください。

インナーケアを意識しよう

スキンケアと合わせて、シミの予防・改善に効果的な栄養素を食事で取り入れてみましょう。スキンケアとの相乗効果で、体の内側から美しい肌へと生まれ変わります。
美白効果がある栄養素については、こちらの記事で詳しく解説しています。

今できているシミはもう手遅れ?

ビタミンCやハイドロキノンのように、メラニンの還元作用をもつものは、黒色化したメラニンを淡色化する作用があります。これらを使ったケアを継続することでシミを薄くしたり、シミの予備軍から肌表面への顕在化を防いだりできます。そのほか、皮膚科でレーザーなどのシミ治療を受けるという選択肢もあるでしょう。

できてしまったシミを簡単に消すことは難しいですが、美白ケアでシミを薄くしたり、シミができにくい肌を作ったりすることはできます。シミに気づいた時点で、できるケアを始めてみましょう。

まとめ

年齢とともにシミが増えるのは、長年のダメージの蓄積や肌のターンオーバーの乱れが原因です。スキンケアや食生活の見直し、解決できないシミなら皮膚科医に相談するなど、できることからシミ対策を始めましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧