化粧水・乳液を塗る順番は?正しいスキンケア方法を伝授!

スキンケア

毎日のスキンケアで使う化粧水や乳液。じつは、肌に使用する順番で効果が変わってしまうのです。同じアイテムでスキンケアするのなら、より効果的な使い方をしたいですよね?

この記事では、スキンケアの基本、化粧水や乳液を使う順番についてお伝えします。

「化粧水ってどうして使わないといけないの?」
「つけることで、どんな効果が得られるの?」
「乳液って必要?化粧水だけじゃダメ?」

そんなスキンケア初心者のあなたに、正しいスキンケアの知識をお届けします。
化粧水や乳液の役割を知り、正しい順番で使用することで、スキンケアの効果がよりアップしますよ。

スキンケアの基礎知識

正しいスキンケアの順番をお伝えする前に、スキンケアの基礎知識として、化粧水・乳液・美容液、それぞれの役割についてお伝えします。

化粧水の役割

化粧水の主な役割は「肌に水分を与えること」。乾燥は肌の天敵。化粧水をつけ、肌の保湿力をアップさせることで、乾燥を防ぎ、さまざまな肌トラブルから守ってくれます。つまり、スキンケアの第一歩は化粧水での保湿ということ。
また「美容成分を肌に届けること」も化粧水の大事な役割です。化粧水に入っている美容成分が、肌に効率よく水分を浸透させる手助けをしてくれます。

乳液の役割

「保湿だけなら化粧水だけでも良いのでは?」と思う方もいらっしゃいます。しかし化粧水の成分はほとんどが水分でできており、化粧水だけでは肌表面の水分が蒸発してしまい、保湿力を保てないのです。
乳液は油分が多く、化粧水で保湿した肌の水分を守る役割を果たします。洗顔やクレンジング後の肌に、化粧水で水分を補給。その後乳液で水分蒸発を防ぐことで、肌の潤いを持続させるというわけなのです。

美容液の役割

化粧水、乳液以外でスキンケアとして使用するのが「美容液」。美容液の主な役割は、美白やシミ・シワ、毛穴ケアなどに対し、より良い効果を出すことです。
化粧水や乳液が「肌を守る」ことに特化しているのに対し、美容液は「肌をより良い状態にする」ために使用するアイテム。化粧水よりも多くの美容成分が含まれているため、化粧水や乳液だけでは補えない美容成分を肌に浸透させられます。

化粧水・乳液の効果的な塗り方

化粧水と乳液、美容液のそれぞれの役割がわかったところで、より効果的な塗り方について、お伝えしていきます。
通常、洗顔後に化粧水を使用。その後乳液をつけるのが効果的な塗り方。
洗顔後の肌は水分が奪われており、大変無防備な状態です。そこに、水分量が多い化粧水をつけ水分を確保。その水分が蒸発しないよう蓋をするために、乳液を使います。
化粧水の量は、一般的に500円玉サイズが適量。手のひらに500円玉サイズの化粧水を出し、顔全体に塗っていきます。顔の隅々まで浸透させるように塗るのがポイント。塗る際は肌をこすらないよう注意しましょう。
化粧水を塗った後、数分おいて乳液を肌に塗っていきます。数分あけるのは、化粧水の水分や美容成分が肌になじみ、浸透するのを待つため。
乳液はメーカーごとに適量はありますが、10円玉サイズが一般的な量です。顔の内側から外側、それも下から上へと塗りましょう。
乾燥しやすい部分、口元や目元は重ね塗りすると、保湿力がアップ。乳液だけで不十分な場合は、クリームを追加で使用すると、より保湿されますよ。
美容液を使用するタイミングは、化粧水と乳液の間。ただし「先行乳液」といい、洗顔後に化粧水ではなく、乳液を先につける方が効果を表すアイテムもありますので、ご注意ください。

それぞれの役割を知ってより効果が出るスキンケアをしよう!

今回は、化粧水や乳液の役割、正しい使用順番についてお伝えしてきました。毎日行うスキンケアの基礎ですが、それぞれの役割など、知らなかった方も多かったのではないでしょうか?
今回紹介した内容を、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

・化粧水は「肌に水分を与える」役割がある。
・乳液は「肌の水分蒸発を守る」役割がある。
・化粧水と乳液は、化粧水を先に使用し、その後乳液を使用するのが正しい順番。
・ただし、乳液を先に塗る商品もある。
・美容液は、肌をもっとよくしたい時に使用。
・美容液は、化粧水と乳液の間で使う。

基礎化粧品には、それぞれに与えられた役割があります。そして、その役割を理解し、正しい順番で使うことがスキンケアにおいてとても大事なことです。
乳液を化粧水よりも先に使用してしまうと、乳液の油分が肌表面を覆ってしまいます。そのため、乳液後に化粧水を使用しても、化粧水の水分や美容成分が肌に浸透しにくくなります。
つまり、化粧水と乳液の性質や役割をわかっていないと、せっかくのスキンケアも効果が半減してしまうのです。
スキンケアに関する正しい知識を身に着け、それぞれの化粧品の効果を最大限発揮できるようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧